« 2009年3月 | トップページ

2010年3月15日 (月)

勝てるのか

20100315160446  凄いです。フキノトウが重石を押し上げて頑張っています。感動です。自分に重ねてそのまま放置して、後日観察しようと思います。勝てるのか。勝ってほしい自然の力です。

 いつの間にか民主党主導の政権で、自・公は自滅しています。そんなことは分かりきっておりましたが、毎日の世論調査では、民主支持が43%への下落の見出しでしたが、まだそんなにあるのか、という実直な感想です。民衆の怒りは激しいな、という思いです。自民党の自滅は、新自由主義の経済政策を採用した約20年前から予想されたことですが、解党への迷走を始めたようです。ところで、近年は中小書店の廃業だけではなく、出版社の倒産が57社に及んでいます。出版業総体の衰退の兆候を示しています。これは、長期の景気低迷、消費者の買い控え、ネット注文の普及などの原因が考えられます。それに加えて、農民がその生産物に値段をつけられないように、中小書店も商品である本に値段がつけられないという問題もある。中小書店が再販制度に守られているということもあるが、責任販売制という手段もあるが、書籍扱いに限れば、買切り制度も導入してもよいのではないか。これを採用すると、中小書店の経営に響くという意見もあるが、むしろ、膨大な倉庫を抱える大書店やアマゾンは窮地に陥るであろう。さらに、購買層を30歳台以下と女性や子どもを主眼にした(壮年期の男性をカット。一番不購買層であるから)書棚構成に変化させる必要があろう。さらに、中小書店のネットワークによる出版業への進出である。良質な本を、大書店やネット通販によらない流通網を構築していくことである。そのためのブックマイスター制度も必要となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ひっそり更新

20100312075359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ