« 花火とは? | トップページ | おやじの書店論UP »

2007年8月 7日 (火)

最後に見た空

20070806172111  年金問題は社保庁問題である、という政府・マスコミ(=コイ・アベ・オタ)の主張はデタラメである。国鉄民営化の時も国鉄労働者の所為にされたが、百年安心プランなどとデタラメを弄して、人間らしい労働を叩き潰す政権党こそ、国民生活を破壊するものです。参院選では国民の怒りが爆発しました(大阪では不発で遅れをとる)。さらに、コイズミを引き釣り出して引導を渡す課題が残っています。働くこと(労働)がこれほど蔑ろにされている時代はない。勤勉性が得意の国民性が喪失され、意味もない観念論が幅を利かす有様を覆されなければならない。「稼ぐに勝る貧乏なし」が逆転し、物品のみではなく、人生までもが消費される有様もまた、問題にしなければならない。働くこと(働く者)の所為にされて、生きにくい世の中になっています。

 八月の 慰霊の前に 座り居る

 核論者の眉 八の字のまま

 長い間、ブログを見ていただいた皆様に感謝申し上げます。ご多幸をお祈り申し上げます。いつの日か。大阪で最後に見た空は・・・。

 どんど晴れぃ。

 

|

« 花火とは? | トップページ | おやじの書店論UP »

コメント

きょうは分析したかった。
でも、きのうぼけなす君が、被爆者へ概観したよ♪

投稿: BlogPetのぼけなす君 | 2007年8月14日 (火) 09時32分

きょうは分析したかった。
でも、きのうちびが、被爆者へ概観したよ♪

投稿: BlogPetのちび | 2007年8月14日 (火) 09時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後に見た空:

« 花火とは? | トップページ | おやじの書店論UP »