« 客商売 | トップページ | ブックマイスター »

2007年7月31日 (火)

本屋の資質

31915896 「おとうさん、(映画で)ダークライ貰ってきたでえ。見たいやろぅ。遠慮せんでもいいんやでえ」とDSライトを持って来る息子。別に、見たくもねえんですけど・・・(笑)。

 書店論その44。「客を見ろ」といっても、凝視していたら「キショイなあ」と悪態をつかれるのがオチなので、さりげなく観察することです。視線を感じさせず、客すらも気が付かない行動様態を見抜くのです。百貨店・スーパー、コンビニではPOSデータに拠っているが、中小書店では、目前の客の行動の仔細とスリップ(日々すべて点検!)という最良の見本が手近にあります(データはあくまでも過去のデータです)。だから、直ぐにフィードバックして店作りに反映できるという利点があります。そして、顧客を完全に満足させることは無理ですので、最大公約数的にあるいは70点という「妥協点」を目指して、日々努力が必要でしょう。また、人は世の中の流行にどう対処しているでしょうか。本屋としては、新聞(S紙以外の一紙)全面と取次情報誌とネットという武器を要領よく活用すれば、時間の節約になります。本屋のプロになるためには、早くとも1年2ヶ月かかります。余計なこと考えずに、顧客満足という視点から、当り前の本屋の役割と資質を体得することが、まず肝心です。以下、続く。

|

« 客商売 | トップページ | ブックマイスター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本屋の資質:

« 客商売 | トップページ | ブックマイスター »