« フィードバック | トップページ | 偶像崇拝 »

2007年7月20日 (金)

通奏低音

31360683  歴史的資料(歴史資料を抹殺する日本人。敗戦後直ちに焼却したため、戦争責任も曖昧に。あの爺さんも。比して、資料を残すアメリカ)に裏打ちされた在日運動史である。完読していないが、ここでも大阪における在日史が重要であることを認識する。

 書店論その39。余り知られていないが、余程でない限り、公示日には大勢は決定している。ただ、今回のような時には、投票日まで油断がならないのは、選挙当事者なら前提事項である。選挙では公示日前の運動は最重要課題である。兎に角、会って握手する、が基本である。支持してくれる人は、実際会って握手してくれる。その上で、確認の一押し、ニ押しで大勢が決定し、公示後は無党派層を取り込むだけの話である。選挙のプロとはそのことを自覚しているか否かのことである。翻って、中小書店に言及すれば、大体売れる本は分かっているのである。中小書店にとって売上が芳しくないのは、ただ売れる本が分からず、配本や注文で入荷しないからである。あらゆる手段を講じて売れる本を分析・注文をする体制を構築することである。その点、BONは使い勝手が悪かったが、非常に助かった。個性派書店としてVVなどがあるが、おやじのような読者には、無意味な書店であることを、中小書店は自覚する必要があるのではないか。

|

« フィードバック | トップページ | 偶像崇拝 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通奏低音:

« フィードバック | トップページ | 偶像崇拝 »